視聴者に「配信に毎回コメントしたい」と思ってもらう | CastCraft(キャストクラフト)

視聴者に「配信に毎回コメントしたい」と思ってもらう

YouTube Live配信者の必須ツール

CastCraftで変わること

  • ライブ中の対応で常連を増やす | CastCraft(キャストクラフト)

    ライブ中の対応で常連を増やす

    • ライブ中のコメント対応で、馴染んでいない視聴者を常連に変えられます
    • ライブ配信中にCastCraftを起動しておくと、誰が初見で誰が何回目の来訪か、誰のコメントが少ないかが一目でわかるので、対応したほうがいい人のコメントを重点的に拾うことができます。
  • 反応されやすい要素を見える化 | CastCraft(キャストクラフト)

    反応されやすい要素を見える化

    • 配信ごとの振り返り機能で、視聴者から反応をもらえやすい要素を分析できます。
    • 毎回の配信で誰がどういう行動を行ったかが見える化されるので、毎回の配信後に視聴者からのより多くの反応をもらうためのアイデアがどんどん湧いてきます。
  • 視聴者を味方につける | CastCraft(キャストクラフト)

    視聴者を味方につける

    • 視聴者に配信の内容づくりに関わってもらうことで、配信を一緒に盛り上げる感覚をもってもらえます
    • 視聴者が配信づくりに関わるための交流の場の作成や、視聴者起点のオーバーレイ・エフェクトの追加により、一方的なコミュニケーションでなく、視聴者からネタを吸い上げる形のコミュニティ型配信に変化させられます。

機能のくわしい説明

  • ライブ中の対応で常連を増やす | CastCraft(キャストクラフト)

    ライブ中の対応で常連を増やす

    • CastCraftを導入しておくと、視聴者のライブ中のコメント履歴がそれぞれ自動で記録されるので、コメントをくれた全員のことを覚えておけて、コメント対応が圧倒的に楽になります。
    • さらに、誰が初見で誰が何回目の来訪か、誰のコメントが少ないかが一目でわかるので、対応したほうがいい人のコメントを重点的に拾うことができます
    • このことにより、ライブ配信に来てくれた人が良い体験をしやすくなり、いままで馴染みきれていなかった視聴者も常連化しやすくなります。
  • 反応されやすい要素を見える化 | CastCraft(キャストクラフト)

    反応されやすい要素を見える化

    • CastCraftでデータを溜めておくと、毎回の配信で誰がどういう行動を行ったかが見える化され、毎回の配信の企画の振り返りの際に、どういう要素がどんな反応をもらいやすいかという分析がやりやすくなります。
    • 配信後に、視聴者のコメントを見ながら振り返ることにより、チャンネルを改善するためのアイデアがどんどん湧いてきます。
  • 視聴者を味方につける | CastCraft(キャストクラフト)

    視聴者を味方につける

    • 視聴者を配信のコアファンにするためには、視聴者にもっと配信の内容に関わってもらい、一緒に配信を盛り上げる仲間としての感覚を持ってもらうのが近道です。
    • CastCraftでは、視聴者に専用のアプリをインストールしてもらうことで、配信に取り扱ってほしい話題や画像を投稿できるファンコミュニティを作成できます。(▶視聴者用アプリについての説明はこちら
    • また、それらの投稿を配信画面に出力できるオーバーレイ・ウィジェットが作成できます。
    • このことにより、一方的なコミュニケーションでなく、視聴者からネタを吸い上げる形の濃いコミュニティに配信を変化させられます。