視聴者との『超』コミュニケーションを実現 | CastCraft(キャストクラフト)

視聴者との『超』コミュニケーションを実現

YouTube Live配信者の必須ツール

CastCraftで変わること

  • コメント対応が楽に | CastCraft(キャストクラフト)

    コメント対応が楽に

    誰が配信に馴染みきれていないか、誰が初見で誰が何回目の来訪かが一目でわかるので、配信に来てくれた人がコメント対応が楽になり、来てくれた人が常連化しやすくなります。

  • 企画の改善がやりやすく | CastCraft(キャストクラフト)

    企画の改善がやりやすく

    毎回の配信で誰がどういう行動を行ったかが見える化されるので、毎回の配信後にチャンネルを改善するためのアイデアがどんどん湧いてきます。

  • もっと関わってもらう | CastCraft(キャストクラフト)

    もっと関わってもらう

    配信に取り扱ってほしいネタの投稿コミュニティ作成や、視聴者起点のオーバーレイ・エフェクトの追加により、一方的なコミュニケーションでなく、視聴者からネタを吸い上げる形のコミュニティ型配信に変化させられます。

機能のくわしい説明

  • コメント対応が楽に | CastCraft(キャストクラフト)

    コメント対応が楽に

    • YouTube Liveでただ配信しているだけだと、だれがどんなコメントをしたかということは、配信者の記憶に頼ることになり、初見の人か久しぶりの人かの判別がつきづらかったり、常連の人との話題を覚えておけなかったりして、コメント人数が増えれば増えるほど質の高いコミュニケーションは難しくなります。
    • 「視聴者を覚える」機能では、視聴者それぞれのコメントや投げ銭などの履歴を、視聴者ごとに自動で記録し、独自のメモを作成できます。
    • また、初めてのコメントの人にはNewタグが付き、今回の配信でコメントしている回数も見やすく表示しているので、配信に馴染みきれていない可能性が高い人がどの人か、ひと目で判別できます。
  • 企画の改善がやりやすく | CastCraft(キャストクラフト)

    企画の改善がやりやすく

    • 配信して終わり、ということを単に繰り返しているだけだと、どういう部分を頑張ればチャンネルが伸びるのか、どういう話題を取り上げればより楽しくなるのかがわからず、毎回の配信で得られていたはずの示唆がコミュニティ資産として積み上がっていかないという事態を招いてしまいます。
    • 「配信の振り返り」機能では、毎回の配信で誰がどんなコメントを何回してくれたか、配信にどのくらいの人がどのくらいの密度で関わってくれたのか等が見える化され、振り返りと改善の作業を手助けします。
  • もっと関わってもらう | CastCraft(キャストクラフト)

    もっと関わってもらう

    • 視聴者がライブ配信で話してほしい話題を思いついたとき、配信が始まるまで待ってコメント欄で話題提供したり、Twitterでつぶやいたりしているのが現状です。それだと、さらっと終わってしまったり、流れたりしてしまう問題があります。
    • そのため、好きなチャンネルの常連同士が、配信のときに話したい話題を気軽に集めて置ける場所と、それらを配信者が手間なく配信に取り上げられる機能が必要です。
    • 「一緒につくる」機能では、チャンネルの常連同士が、配信のときに取り上げてほしいネタを気軽に投稿しあえる場所を作成できます。
    • 「配信を賑わす」機能では、視聴者のコメントや投稿を、みんなが見ている配信画面に映し出すオーバーレイを出力できます。